子どもの頃からの尽きない悩み『わきが』

子宮筋腫で出産が帝王切開になりました

子宮筋腫で出産が帝王切開になりました

子宮筋腫が、不妊症や、流産のリスクを高めるということは聞いたことがありましたが、実は出産にも影響することがあるんです。
私は、独身時代から子宮筋腫があり、一度手術で取ってもらったことがあります。
ところが、手術は成功したものの、私の場合は子宮筋腫の芽のようなものがたくさんあり、子宮筋腫を何度取り除いても、再び新たにできてしまう体質だと言われました。
手術を受けてから、妊娠するまでに4年の間が空きましたが、その間にやはり新たな子宮筋腫ができてしまいました。
しかも、4つもです。迷ったら子宮筋腫 手術へ来てください。

 

そして、その子宮筋腫のうちの1つが場所が問題でした。
先生が言うには、産道に近い当たりにあって、自然分娩だと影響があるのだそうです。
リスクが高くなりそうということで、帝王切開での出産を提案されました。
子宮筋腫で自然分娩ができなくなることがあるとは思ってもみませんでしたが、私の場合は、自分も帝王切開で出産しているので、それほど抵抗はありません。
赤ちゃんと母体の安全が第一なので、帝王切開での出産を決めました。
今は、元気な赤ちゃんが生まれて幸せいっぱいですが、落ち着いたら次の出産に備えて、もう一度子宮筋腫の手術を受けようかと思っています。

ホーム RSS購読 サイトマップ